人生の大半を使って仕事をしている。切っても切れない関係
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユニクロ

ユニクロ モスクワにロシア1号店 英仏に次ぎ欧州3番目



歯磨きしながら、携帯テレビでユニクロのロシア進出のニュースを見ていた。



過去にも日本の企業が日本以外にマーケットを求めて進出していった。



けれども、日本の人口減少、不景気から考えると今までの企業以上に



真剣だと思う。



フランクリンプランナー システム手帳 ショップ


スポンサーサイト
人生のきっかけ

阪神 城島サヨナラ弾!



セリーグも開幕していたんだ?。


【今日は何の日】?



  フジテレビの人気ドラマ「男はつらいよ」の放送が終わる。最終回で主人公が

死ぬはずだったが、予告で知ったファンから助命嘆願が殺到、結局行 方不明とし、

やがて映画で復活、大長編シリーズ映画となる(1969)





あの不朽の名作もフジテレビのドラマが原点だった。――「男はつらいよ」である。


 時に、昭和43年夏。東京・赤坂にある旅館・近源には、売り出し中の喜劇俳優・渥美清とフジテレビの小林俊一プロデューサー、

そして松竹の山田洋次監督 らが集っていた。渥美と小林氏は前年、「おもろい夫婦」というコメディドラマを成功させた仲で、

山田監督は渥美主演の新ドラマの脚本をフジテレビから依頼 されていた。

そこで監督が出したアイデアが、「テキヤ」を主人公にしたドラマだった。

その日、渥美は生まれ育った浅草や上野で見覚えたテキヤの口上を、立て板に水の名調子で延々3時間も披露した。

その様子を笑い転げて見ながら、山田監督は 「下町のとらやの店を舞台に、おいちゃん・おばちゃんの夫婦に腹違いの妹がおり、

寅さんがヘマをやっては妹の結婚を邪魔する」という構想を固めたという。 タイトルは当初「愚兄賢妹」で進んでいたが、

当時ヒットしていた北島三郎の「意地のすじがね」の一節「つらいもんだぜ男とは…」からヒントを得て、

最終的 に「男はつらいよ」になった。「意地の~」の作詞が星野哲郎氏だったため、ドラマの主題歌も星野氏に依頼する。

こうして、のちに映画シリーズでも使われる 名主題歌が誕生した。 (フジテレビ開局50周年より)



不朽の名作が生まれるきっかけなんかこんなもん。人生の転機が訪れるのもちょっとしたことかも。





フランクリンプランナー システム手帳 ショップ


テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

宝くじ
宝くじに当たる確率は、100万回に1回より確率が低いと言われているのは、ご存知だろうか?しかし、多くの人が宝くじを買いに列をなす。そして、運良く????当たった人の多くが無一文になるか、トラブルに巻き込まれる。

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

詐欺にひかっかる 2

元金が倍になるなんて話はインチキだ。

東京の人は騙されない。

なぜか??知識武装しているからね。たいていは。


騙されるのは、東北、九州。


俺も東北なんだけど。


テーマ:お金を運用して殖やす - ジャンル:株式・投資・マネー

詐欺にひかっかる
投資にまつわる詐欺や詐欺まがい商法が、あとをたたない。

一度出ては、またちょっと静まりまた出現する。

「元金が倍になりますよ。」なんて甘い言葉にすぐ乗せられる。


「今度は間違いなく儲けさせる。」


「こないだ損を取り返しましょう。」なんて言葉で、

どんどん深みにはまっていく。


考えても見てほしい。


「ノーリスク、ハイリターン」はこれまであったか?


ありえない。


「ハイリスク、ハイリターン」


「ローリスク、ローリターン」はあっても


雪だるま式にお金を増やすか?


雪だるま式に借金を増やすか?


それは、あなたの欲望をコントロールできるかどうかに

かかっている。

テーマ:お金儲け成功法! - ジャンル:株式・投資・マネー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。